論文

世界医学気功学会 論文(2009年発表)

投稿日:2009年11月30日 更新日:

世界医学気功学会 通訊
WORLD MEDICAL QIGONG QUARTERLY

世界医学気功学会通訊
(2009年11月 中国・北京)

昨年11月に発行された『世界医学気功学会通訊』掲載の論文を紹介します。

【日本語の論文】

ー目次ー

◇二十年来の医学気功概観
劉天君

◇定性、混合法気功に対する研究
Dr. Paul Posadzki ボウル博士

◇気功および心理療法による再発や転移に関する不安の軽減効果についての研究
帯津三敬塾クリニック

◇ガンに作用する“気の情報(感情など)”
青島大明

◇ 東方養生功紹介
何雲

【英語の論文】

ーContentsー

◇A Glimpse of Medical Qigong of 20 years

 Liu Tianjun

◇Brief Discussion on Medical Practice and Experience
 Fu Qinzeng

◇Qualitative and mixed method approaches to Qi Gong research
 Paul Posadzki

◇Cancer Causes:Emotionally-induced Physical Malfunction-Medical Cases and Analyses
 Daimei Aoshima

◇Guo Lin Qigong, Vinculum and Lifeline of Group Anti-cancer
He kaifang

◇SERUM CYTOKINES, MOOD AND SLEEP AFTER A QIGONG PROGRAM: IS QIGONG AN EFFECTIVE PSYCHOBIOLOGICAL TOOL?
 Juan M. Manzanequea

◇Buddhist’ Qigong
Yang Wucai

◇Brief Introduction of Oriental Health Cultivating Qigong
 He Yun

【中国語の論文】

ronbun-chu.jpg

-論文

Copyright© 日本気功連合会 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.